サイトメニュー

魅力的なバストへ

ゴム手袋

シリコンバッグ豊胸でEカップも夢じゃない

世界でも有数の繁華街として知られる銀座のある東京ですが、東京に住んでいる女性の平均的なバストサイズは「Dカップ」というデータがあります。全国平均から見てもDカップというのは大き目のサイズで、東京の女性はバストが豊な人が多い傾向にあるようです。ですがDカップというカップ数はあくまで平均サイズで、中にはAカップやBカップと小さなバストサイズという女性もいるでしょう。平均サイズがDカップの東京でAカップ・Bカップのバストサイズだと、他の女性とバストを見比べてしまい落ち込んでしまう人も少なくないようです。もし小さなバストに大きなコンプレックスを感じているのであれば、美容外科クリニックでの豊胸手術を検討してみることをおすすめします。東京都内には数多くの美容外科クリニックがありますが、銀座エリアには豊胸手術を得意とするドクターが多いと言われています。銀座の美容外科クリニックで受けられる豊胸手術の中でも、特にバストのボリュームアップに特化しているのが、「シリコンバッグ挿入」です。シリコンバッグ挿入は人工のシリコンをバストに挿入し、バストサイズをアップするという豊胸手術で3カップほど大きくすることができます。一気に3カップもバストアップすることができればAカップならDカップに、BカップならEカップにサイズアップすることが可能です。急激にバストサイズを変えて周囲に豊胸手術を受けたことがばれるのが怖い場合は、挿入するシリコンを小さ目にすれば1カップ程度のバストアップに留めることもできます。

シリコンバッグ豊胸は銀座にある美容外科クリニックであれば、ほとんどで施術を受けられるといっても過言ではないほど、代表的な豊胸手術の1つです。人工乳腺法やインプラント、プロテーゼ挿入法など銀座の各美容外科クリニックで呼び名はまちまちですが、これらは全てシリコンバッグ豊胸と同じ施術となります。バスト部分に挿入するシリコンはバストに吸収される素材ではないので、1度手術を受ければほぼ半永久的にバストのサイズをキープすることが可能です。平均して1カップから3カップ、大きめのシリコンを選べば5カップと飛躍的にバストサイズをアップできます。ただシリコンでの豊胸手術と聞くと「仕上がりが不自然で触ると固い」などの、マイナスイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。確かに以前使用されていたシリコンは挿入するとバストが固くなって、触ると豊胸手術を受けたことがばれてしまいがちでした。ですが美容整形業界もどんどん進化しており、豊胸手術に使用するシリコンも進化によって、自然な仕上がりになるよう作られています。最近のシリコンは仰向けに寝てもバストと一緒に動くまでに柔らかい素材で作られているので、豊胸手術で大きくしたバストということはばれにくいでしょう。また料金が高いというイメージのあるシリコンバッグ豊胸ですが、他の豊胸手術と比較しても最終的にかかる料金にそこまで差はありません。ほぼ半永久的にバストのサイズをキープできること、他の豊胸手術と変わらない料金であることを考えると、シリコンバッグ豊胸は以外とお得な施術法と言えます。

Copyright© 2020 新しい自分へと、生まれ変わる事が出来ます All Rights Reserved.